飛び込むBlue

ハロヲタ、30代男性、2019年、SixTONESにハマる

メンバー:髙地優吾

「続ける」というカッコよさーー髙地優吾の「優吾のあしあと」

僕、昔は「可愛い」アイドルが好きだったんです。 でも、アイドルを応援するうちに、「可愛い」をつらぬき続けるアイドルって「カッコいい」んだな、と思うようになり、「カッコいい」アイドルに興味を向けるようになりました。もうひとつ。2010年代、アイド…

髙地優吾の向かう先には相葉雅紀が待っている。 〜SixTONESのバラエティ考〜

SixTONESのトークバラエティへのソロ出演が増えていますね。 私見ですが、トークバラエティはざっくり3種類に分類できると思っています。 ひとつめは、「スタジオトーク」系。 これは、スタジオにいる出演者のトーク力や出演ゲストのキャラクターに比重を置…

髙地優吾くんに贈るバースデーファンレター 〜25歳の誕生日、おめでとう〜

髙地優吾くん、25歳の誕生日、おめでとう! 僕のTwitterアカウントを追ってくださっている方なら ご承知のことかと思うのですが、当初、僕は自分の推し、すなわち担当は樹ひとりだと宣言していました。 しかし今、僕のプロフィールには、 SixTONESの田中樹・…

無敵の笑顔が幸せを生む。SixTONESの”パーフェクト・アイドル”髙地優吾の愛しさ

アイドルって不思議な存在ですよね。 歌やダンスやビジュアルで興味を持ってハマったりするんだけど、 やっぱり歌やダンスやビジュアルだけではないんですよ。 その人本人にしかない、なんとも言葉にしがたい魅力、引き寄せられる要素があって、 それがとき…