飛び込むBlue

ハロヲタ、30代男性、2019年、ジャニーズにハマる

楽曲レビュー

SixTONES「Telephone」歌詞考察――距離を隔てても、僕らは想像力で愛しあえる

SixTONESデビューシングル「Imitation Rain」のカップリング曲、「Telephone」のDance Practice VideoがYouTubeに公開されました。 定点で見れるのめちゃくちゃありがたい。定点shotのDance動画大好きです。 そしてこの曲大好きです。 こういうエレクトロ・…

SixTONES「Imitation Rain」歌詞考察――デビューの日、雨空の祝福に寄せて

SixTONESのデビューシングルが発売されました。 何よりもまずは、彼らに言いたいです。 おめでとう! 「TrackOne-IMPACT-」の福岡公演に参戦予定なのですが、 デビュー後初の公演、彼らを祝福できることが大変楽しみです。 【メーカー特典あり】 Imitation R…

SixTONES「Imitation Rain」ファーストインプレッション――「デビュー曲の魔法」との戦い

先日、ベストアーティスト2019にてSixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」が初披露されました。 ※2019/12/10追記 SixTONES公式サイトから視聴が可能になっているため是非聴いてみてください →こちら その日、僕は仕事の都合でどうしてもリアルタイムで視聴…

SixTONES「RAM-PAM-PAM」歌詞考察――その意味は、溢れる自信。

SixTONES待望の新曲「RAM-PAM-PAM」。 この曲、めちゃくちゃ格好いい、ものすごくクールな曲だぞということを僕は書きたい。 押しつぶされそうなくらいの音圧でバキバキの重低音が鳴り響くクラブフロア、極彩色の華やかなライト、熱狂するオーディエンス、そ…

SixTONES「JAPONICA STYLE[English Ver.]」歌詞和訳考察――これは世界への宣戦布告だ。

SixTONESは嵐を超え、米津玄師を超え、世界を驚かせるグループを目指すんだ。 先日公開されたYouTubeの『JAPONICA STYLE』の英語バージョンから、 その確信を一層強く持つことが出来ました。 SixTONES - JAPONICA STYLE [English Ver.] (Lyric Video) 嵐とい…

SixTONES「JAPONICA STYLE」楽曲レビュー 果敢に挑む眩しきJAPONICA(後編)

※後編ですが、楽曲論だけ読みたい方はここから読んでも問題ないです。 JAPONICAとは何か まず重要なのは「JAPONICA」というフレーズです。 JAPAN STYLEではなく、 JAPANESE STYLEでもなく、 JAPONICA STYLE。 JAPONICAは「欧米人の間における日本趣味」を指…

SixTONES「JAPONICA STYLE」楽曲レビュー 歴史をつむぐ革命の一歩(前編)

※本記事は前後編に分かれます。 前編では主に市場等を踏まえた状況論、 後編では具体的な楽曲論を語ります。 「JAPONICA STYLE」ーー。 YouTubeでMVが発信され、YouTubeアーティストプロモで使われた楽曲として、 SixTONESを知る上で極めて重要な曲であるこ…

SixTONES「Hysteria」楽曲レビュー 胸の内に秘められた熱情

SixTONES。 彼らは、アイドルです。 同時に、彼らは歌手でもあります。 僕がSixTONESにハマったきっかけとして、 曲の良さというのは外せないポイントです。 毎朝、スマホで曲を聴きながら通勤しています。 そこで外せない一曲がこれ。 「Hysteria」 頼むか…