飛び込むBlue

ハロヲタ、30代男性、2019年、ジャニーズにハマる

SixTONES、SnowMan、デビュー決定おめでとう。これからも変わらず応援します。

2019年8月8日。SixTONESSnowManのデビューが発表された日。

 

残念ながら現場に行くことは叶わず。

けれど、画面越しでその歴史的瞬間を見届けることができました。

 

不思議な感覚です。

僕はデビュー発表というものに対して、サプライズのイメージを持っていました。

 

事務所の大人たちから、

不意にプレゼントのように渡されるデビューというご褒美。

メンバーもまたサプライズ的に知らされる晴天の霹靂ともいうべき出来事。

そんな、サプライズのイメージ。

しかも、今回は同時デビューという前代未聞の初のデビュー形式。

 

けれど、僕はこの日この発表が行われることを、

知っていた、わかっていた。何だか、そんな気がしています。

なぜなら、今振り返ってみると、滝沢社長を含め、

彼らはずっと今日この日のための準備をしてきたのだとしか思えないから。

 

光る、兆し。SixTONESはずっと僕たちファンの前にその兆しを見せてくれていたから。

桜、ひらり。SnowManは桜の花が咲く頃に夢が叶うと約束してくれていたから。

 

そう感じるファンも少なくないのではないか、と僕は思っています。

 

その日は、朝からTwitterのタイムラインを見ていましたが、

皆んなハッキリと口には出さなかったりするけれども、

どこかソワソワとして、なんだか落ち着かなくて、

今日がその日だと、きっとこうなるのだと、感じているんじゃないかとそう思いました。

 

2組同時デビュー。

今までになかった形ではあるけれど、

フタを開けてみれば、この形しかありえなかったようにすら感じます。

 

だから、驚きというよりも、安堵した、という感覚が近いかもしれません。

SixTONESSnowMan、この2組が永遠のライバルとしてスタートできて本当に良かった。

 

唯一、Travis Japanが同じスタートをきれなかったことについては、

彼らの悔しさを思うと、心臓がきゅっとするような思いがしますが、

けれども、Travis Japanのことについて、僕はあまり心配をしていません。

如恵留、泣いていましたね。でもその涙が彼らをもっともっと強くすると思います。

夢のHollywoodが、きっと彼らを待っていると信じています。

 

改めて、SixTONESSnowMan、デビュー決定おめでとう。

これからも応援を続けます。

これからも夢を追うあなたたちのファンでいさせてください。