飛び込むBlue

ハロヲタ、30代男性、2019年、ジャニーズにハマる

SixTONESに歌って欲しいハロプロ楽曲6選

SixTONESに歌って欲しいハロプロ楽曲というテーマで書いて欲しい、

というブログのリクエストを頂戴しました。

そこで、今回は各メンバーをセンターと考えて、

メンバーのイメージにぴったりな曲を選んでみよう、

という視点でメンバーごとに一曲ずつを選んでみました。

 

まずは田中樹センターでこの曲。

 

田中樹 × モーニング娘。’14TIKI BUN」

在籍最長、最も偉大なリーダーと呼ばれた道重さゆみの卒業シングル。

楽曲をつらぬく「覚悟」には、今のSixTONESにもふさわしい緊張感がある。

EDM路線の集大成でもある勇猛果敢で壮大なアンセム

この勇ましさはやっぱり樹にぴったりだなと。

Here we go!
失敗したってなんも焦らない
身に付いたスキル信じればいい
君がしたかったんだろう

Here we go!
言いたい奴にゃ言わせてりゃいい
怯えてたって解決しない
君が全てなんだから

Here we go!
炎上したってなんも恐れない
その全部にウソがないなら良い
君が創造(うみだ)したんだし

Here we go!
チャチャ入ったってなんも動じない
自分信じて突き進めば良い
君の全てなんだから

 

続いては、ジェシーセンターでこの曲。

 

ジェシー × アンジュルム「君だけじゃないさ...friends(2018 アコースティックVer.)」

成長や拡大に邁進するアイドル戦国時代の中で、

友と共に立ち止まれる究極の優しさを描いたアンジュルムの名曲。

「君だけじゃない」という言葉は突き放す言葉にもなりうるが、

この曲には本気で寄り添って葛藤する友との向き合い方が描かれる。

「樹はいろいろあったけど、頑張ってるんだ!!!」 

かつて樹のために泣いてくれたジェシーこそセンターにふさわしい。

そしてアコースティックバージョンのしっとりしたサウンド

ジェシーの艶やかで切ない歌声にぴったりだと思う。

ジリジリ   目覚ましのベルが鳴る

見たこともない現実へ

駆け出す 皆んなを連れて

まだまだ   初めてに会いたくて

喜びに会いたくて

道無き道を君と走ってる

 

続いて、大我センターでこの曲。

 

京本大我 × モーニング娘。「Mr.Moonlight ~愛のビッグバンド~」

ファンタジックで華やかな世界観、

そしてミュージカル感のある楽曲展開は大我にぴったり。

冒頭の「愛をください」を誰に歌わせたいかは、皆さんにお任せしますが、

たぶん北斗と答える方が多いでしょう(笑)

もちろん以下のセリフパートは大我の独壇場です。

OH! 心が痛むというのかい?

う~ん、BABYそれは恋... 恋煩いさ。

きっと、僕と出会ってから... 君は恋をしたんだね。

さあ、もう大丈夫、僕はここにいるよ、 おいで、踊ろう!

 

続いて、髙地センター!

 

髙地優吾 × モーニング娘。‘16「泡沫サタデーナイト!

 

むちゃくちゃ迷った!  歌わせたい曲たくさんある〜!!

特に松浦亜弥の初期曲を髙地に歌って欲しいなと思ったんだけど、

これはあくまでグループ曲なので、色々迷ったあげくにド王道でこの曲。

もっとキラキラ可愛い曲もありだと思うんだけど、

やっぱり髙地にはこのソロパートをやって欲しい!

ハーイ!そこの兄ちゃん姉ちゃん!
よってらっしゃいみてらっしゃい!
ねえ、知ってた?この曲、あと58秒で
終わっちゃうんだって! 「えーっ?」
しけた顔しちゃもったいないもったいない!
この際一緒に踊っちゃお!

 

続いては慎太郎センターでこの曲!

森本慎太郎 × Juice=Juice「CHOICE & CHANCE」

慎太郎センターにする一曲は結構悩みました。

クロバットなダンスが映える曲がいいかなとか、

洋楽っぽい曲がいいかなとか。

でもポジティブでチャレンジ精神がある曲がいいかなと思い、

この曲をセレクトしました。

歴が長くていろいろな紆余曲折があった慎太郎には、

ぴったりなんじゃないかなと思います。

だから
きっと人生はチョイスの連続さ
全部 自分勝手 自分勝手 選べば良い
そう 恋や友情や進路やエトセトラ
結果ビビっちゃってダメだって気にしない

そう きっと人生はチャンスの連続さ
こんな 自分だって 自分だって 出来るはず
そう どんな困難も自ら買って出るくらい
山だって谷だって挑みたい

つまり やらぬ後悔より 
やっちまった後悔がしたい

 

ラストは北斗!

松村北斗 × つばきファクトリー「ふわり、恋時計」

北斗には切ない苦しい片想い、恋の曲を歌わせたい。

それでいてどこか文学的なニュアンスもあって、

コンテンポラリーなダンスの表現が映えそうな一曲がいいと考え、

この曲にたどりつきました。

出来れば紫陽花をバックに浴衣を着て歌って欲しい。

しのぶれど咲き匂う  友達にもばれてる?

毎日の星占い  いいとこ取りも虚しい

かさぶた剥がれぬまま  うたかたになるのなら
恋はしないと決めた  なぜに出逢った

誰にでも優しくて 思わせぶりは 罪ね
春風そぞろに舞う

ふわり、たわむれごとだって
ほろり、笑顔が沁みてきて
鼓動は自鳴琴(オルゴール)なの 息が切れそう

一度懲りただけじゃないって
心けしかけちゃダメだって
慎重になるほど惹かれてゆく
恋時計チクタクせき立てるの

 

いかがでしょうか?

グループや発売時期などのセレクトが少し偏ってしまった感はありますが、

メンバーのイメージにあった曲を僕なりにセレクトしてみました。

実際に歌ってもらえることはないかもしれないけど……妄想するだけならタダですから!