飛び込むBlue

ハロヲタ、30代男性、2019年、SixTONESにハマる

いつかSixTONESの京本大我とKing Gnuの井口理さんが同じステージで歌う姿を僕は見たい

ミクスチャー・ロックバンド「King Gnu(キング・ヌー)」。

 

先日のSixTONESオールナイトニッポンの後、King Gnuのメンバー井口さんがパーソナリティを務める「オールナイトニッポン0(ZERO)」が放送されました。

King Gnuファンを公言している(京本)大我が番組中で投げかけたラブコール。

井口さんが番組中でもTwitter上でも、SixTONESの人気をいじりつつ、

そのラブコールに気持ちの良い返しをしてくださいました。

さらに先日の「すとーんずのぶろぐ」でも大我がもう一度ラブコール。

 

こういうの、いいですねぇ……。

 

音楽の仕事をしている彼らだけど、当然、彼ら自身もまたひとりの音楽ファン。

好きなアーティストに接する機会があったら、嬉しいに違いないですもんね。

だって、好きなアーティストって、それはもう神みたいな存在ですよ。

ヲタクってみんな一人一人神をそれぞれ信仰していると思うんですが、

想像してみてください、神が自分の前に降臨する瞬間。

想像するだけで気絶しそうですよね。無理です。

大我、本当に良かったね……。

 

で、King Gnuさん、かなり人気のアーティストのようなんですが、

僕は大変恐縮ながらKing Gnuさんをこれまでほぼ知りませんでした。

音楽的にバンドサウンドへの関心が低くて、知る機会が本当になくて。ごめんなさい。

 

でも、今回、大我が「その声に生まれ変わりたい」みたいなこと言ってたので。

聴きました。

正直、聴く前は「いやいやいや大我、君こそめちゃくちゃいい声なんだからそんな……」

って反射的に思っていました。

実際、ラジオで「オールナイトニッポン0(ZERO)」で喋る井口さんの声は普通で。

聴き心地の良い声ではあるけど、まあでも普通の声だよな〜って。

そう思ってしまってました。※井口さんのラジオは途中まで聞きました

 

ついさっきYouTubeで「白日」を聴いてみるまでは。

 


King Gnu - 白日

 

マジだったわ……。

なんだこの声……美しい……こんな声出る人いるんですね??

あのラジオの人と同一人物???

大我が憧れるのも理解できますね。凄まじい声帯………。

 

番組やTwitterでは井口さんが「SixTONESには勝てない」みたいな謙遜をされてましたが、

King Gnuの「白日」は今年の2月末に公開後、既に約5000万再生近く行っていて、

日テレのドラマの主題歌にも起用されているんですよね。

初のメンバー全出演だったSixTONESに対して、

井口さんはレギュラー放送かつ1人でパーソナリティされてるラジオですし、

あとはもう、アイドルっていう部分でのファン層の違いもありますし。

むしろKing Gnuさんこそ、SixTONESがたどり着きたい位置にいる方々だと思います。

 

軽く調べてみたけれど、King Gnuがメジャーデビューを果たしたのは今年。

それまでは自主レーベルで活動されていた方々みたいですね。

King Gnu」というバンド名は、少しずつ群れを拡大し、

やがて巨大な群れになる習性を持つ動物の“Gnu=ヌー”にあやかったものだそうで。

老若男女を巻き込み大きな群れになりたいという思いが込められているんですね。

King Gnuはこれからもどんどん人気になって、

本当に誰もが知るレベルの人気バンドになっていくんじゃないかなと思いました。

 

SixTONESも「いつの日か原石が際限ない輝きを放つよう」、

そんな未来への想いを背負ったグループです。

ジャニーズであり、アイドルであるというバックグラウンドから、

ひとつの音楽グループとしては、なかなか評価していただきにくい彼らではあります。

 

けれど、ジャニーズであり、アイドルであるというバックグラウンドも活かしつつ、

その上で、King Gnuさんのように、歌声で老若男女に愛されるグループに。

SixTONESにもそんなグループになって欲しいなあと改めて感じました。

 

「来週SixTONES呼ぼうよ!トレンド1位入れてドーンってSixTONES呼ばないと無理だ!」

井口さん、こんなことおっしゃってましたが、

もう、本当にファンとしては「ぜひ!」という気持ちですよね。

SixTONESとの共演、是非是非実現させて欲しいです。

 

そしていつか、何かの音楽番組とかで(関ジャムみたいな)、

同じステージで歌ってください。僕はそれが見たいです。