飛び込むBlue

ハロヲタ、30代男性、2019年、ジャニーズにハマる

いつか凍りついた時を溶かす暖かい涙を。〜Travis Japan川島如恵留と「アナと雪の女王」〜

美しい顔立ち、高身長、抜群のスタイル。

クロバットもこなし、運動神経もピカイチ。英語も話せて頭脳も明晰。

それだけでも十分なのに、難関資格にも挑む努力家。

歌もダンスもトークもそつなくこなす。

ファンに対しても誠実で優しく、ブログではいつも気配りをかかさない人格者。

 

何もかも手に入れているかのように見える彼。

 

そんな川島如恵留が、あの時、泣いていました。

 

東京ドームでSixTONESSnowManがデビューを決め、その直後のパフォーマンス。

カメラに抜かれた彼のアップ。

見たことがないほど、泣いていました。

 

その後、如恵留はブログでファンに謝り、そして釈明しました。

 

SixTONESSnowManのファンの気持ちに水を差していたらごめんなさい、と。

彼らのデビューを喜ばしく感じ、心から祝福している、と。

あの涙は、彼らのデビューへの悔しさでなく、非力な自分への悔しさと、ファン、メンバーへの申し訳なさなのだと。

 

あまりに誠実すぎる。

あまりに優しすぎる。

あまりに強くあろうとしすぎる。

僕はブログを読んでそう感じました。

誰一人傷つけてはいけないと、

誰一人責めるような形にしてはいけないと、

聡明であるがゆえに、自分の涙がもつ力を恐れているようにも感じました。

 

こうも強く正しい生き様だと、老婆心としては少し心配にもなる。

甘えたい時はないのだろうか?

 

奇しくも、令和Jr.維新のコーナーで、

インタビュアーの方が僕と同じ疑問を抱いていました。

 

如恵留くんはこう答えていました。

 

……だから、ファンの人には甘えさせて欲しいです。

俺のことを甘やかしてくれる人っていないんですよ。

さいころから甘えそびれて来ちゃったし。

もちろん、ダメ出しもありがたいけど、

川島ファンの人だけは、デロデロに甘やかして!(笑)

そしたら、俺は報われてるって思えるから。

 

僕はこれを読んだ時、川島如恵留のアイドルたる真髄に触れたような気がしました。

容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群。

もちろんそういうパーフェクトな一面も、すべて川島如恵留だ。

でも僕には、もうひとつとても愛おしい彼の特徴が、そこにはあるように思えた。

 

甘えるのがとても下手だってことだ。

 

僕はここからひとりのディズニープリンセスを連想しました。

人を迷惑をかけることを恐れ、ありのままに人に甘えることができなくなってしまった、聡明な氷の王女。

 

そう、「アナと雪の女王」に登場するエルサ王女です。

 

良い子で、慎重で、真面目で、心優しく、自らの喜怒哀楽で誰一人として傷つけたりしないように、気持ちを押さえ込んで誰よりも頑張ってしまう。

 

エルサのキャラクターを通してディズニーが描いたのは、実に普遍的な「聡明なる長子」の姿だと僕は思います。※如恵留くんも妹がいますね

 

幼き弟妹が生まれたら、聡明な長子は涙を遠慮してしまう。それは「お兄ちゃん/お姉ちゃんなんだから」という呪縛だ。

甘えることを周囲から、あるいはときに自ら禁じてしまう。

エルサの場合はそのまま両親を失い、二人きりの姉妹となり、それでさらに涙を封じ込めてしまう。

アナ雪における「氷の力」はまさに「涙」のメタファー(隠喩)だと思う。

 

だからこそ僕は如恵留にこう言いたい。

 

泣いていいんだよと

 


Travis Japan「Namidaの結晶」MV (「虎者 ―NINJAPAN―」テーマソング)

 

寂しさ悲しみも 包み込み癒す光

触れたその瞬間 こみあげるこの感情

戸惑いながらでも解き放とう

Travis Japan「Namidaの結晶」

 

エルサは涙で氷の城を建て、ついには愛する妹のアナを氷で傷つけてしまいます。

その氷の力は「孤独と悲しみの涙」です。

 

※ちなみに。日本語版「レット・イット・ゴー」は和訳で多くの誤解を生んでいますが、あれは「ありのままで生きよう」というハッピーな自由賛歌ではなく、「このまま人から離れて孤独に生きよう」という悲痛で孤独な歌なんですよね。あの和訳は罪深すぎるんじゃないだろうか。

 


「アナと雪の女王 MovieNEX」Let It Go/エルサ(イディナ・メンゼル)<英語歌詞付 Ver.>

 

けれど、その悲しみの涙の魔法を解くのも、やはり涙です。

それは、氷を溶かす暖かい愛の涙

 

身を挺して自分をかばったアナを抱き締め、エルサは号泣するのです。すると、その暖かい愛の涙で凍てついたアナの氷は溶け、姉妹の愛が王国を救うのです。

 

真実の愛こそが、魔法を溶かすことができる

 

如恵留がエルサだとしたら、僕たちファンはアナだと思うのです。

だからこそ、如恵留には悲しく悔しいときには泣いていいんだと言いたい。

たくさん泣いていい。もしも、それによって誰かを傷つけてしまうことがあるのだとしても。

ファンやメンバーは、それでもあなたを大好きな家族なのですから。

大丈夫。いつか嬉し涙の結晶が、凍りついた時間を溶かして、ちゃんと前に進める。ハッピーエンドを迎えられるから。

 

ただ、聡明で優しい如恵留は、さすが、その愛の力まで分かってくれているようですけどね。

のえまるにもこう書いていましたね。

 

次に流すのは、自分たちの嬉し涙だもん。