飛び込むBlue

ハロヲタ、30代男性、2019年、SixTONESにハマる

SixTONES結成5周年、おめでとうございます。

楽しむことをどれだけ知っているかで、人のしあわせは大きく異る。

 

30代になった僕がジャニーズ、そしてSixTONESという新しい楽しみに出会えたことは、このうえなく大きなことだったと改めて感じる。

なにともなくYouTubeを見ていて、気に入ってプレイリストに入れて、繰り返し繰り返し聞くようになって、仕事帰り、自転車に乗っていたあるとき、こんなに聞いてしまうのだ、もう、そうだ好きになろう、と。好きになったのだ、と気づいた夕暮れ。

そう、夕がただった。

うす暗い駅の駐輪場から自転車を取り出して、帰りには大根を買ってかえらないと行けないな、トイレットペーパーを切らしていたな、そんなふうなとりとめない思考の中に、そうだ、もう僕はSixTONESのファンになっていいんじゃないか、とどこからともなく思いついたのだ。

そう思った瞬間、あの曲も好きだし、この曲も好きだ。最近聞いている曲、ぜんぶ好きじゃないか。この前みた動画も面白かったぞ、と湧き出てくるように気持ちが溢れた。

紫がかった夕暮れの色が、人生のすべてを静かにいろどっていくような気がした。

 

その気持のまま、僕はTwitterアカウントをつくり、ブログをかき、人生ではじめてジャニーズのコンサートにゆき、とうとう1年半近くがたった。

なんと、5月1日をお祝いするのも、もう2回めなのである。昨年の大阪、5月1日、あれは昨日のことではなかっただろうか。早くて驚く。

 

けれど彼らにとっては長い月日だったのかもしれない。

それとも、彼らからも一瞬だったのだろうか。

結成から5年。

しかしきっと5年が必要だったのだ。

その5年が、出会わせてくれたものが間違いなくある。

 

つい、先ほど出会ったかのように、いまもSixTONESの魅力に感動することが多い。

その鮮烈さが、これからも彼らの武器であることを願いたい。

 

SixTONES、結成5周年、おめでとうございます。