飛び込むBlue

ハロヲタ、30代男性、2019年、SixTONESにハマる

SixTONES「Hysteria」和訳――二人の部屋はまるで楽園。

SixTONESのセカンドシングル「NAVIGATOR」には、新曲として「You & I」と「love u...」という2つのラブソングが収録されています。

さらに、「Hysteria」というとんでもないラブソングが収録されている。

f:id:sixgre:20200802224025j:plain

この曲はファンの間でも非常に人気の高い楽曲で、僕もめちゃくちゃ大好きな曲です。しかし、実を言うと、あんまり歌詞をじっくり聴き込んだことはなくて。

というのも、失礼な話だとは思うんですが、実は……そんなに歌詞の中身に興味がなかったんですね。

一聴すればわかると思うのですが、とにかく歌がいい、ハーモニーがいい、サウンドがいい。ユニゾン、ソロ、どこを切り取っても美しい。楽曲の構成もめちゃくちゃ変態的なほどに凝っていて、マジでこの一曲だけで数多くの音楽ファンを落とせるだろう、という色気のある味わい深いサウンドなんですね。

でも、「ラブソングなんだよな、歌詞には別に共感できないけど。」とちょっと思ってた。まあ、僕、女性じゃないしね。いや、でも、性別関係ないと思うんですよ、別にSixTONESを推してる人らって、恋愛対象として、メロメロになってるみたいな人あんまいないと思うので(いやいるはいるけど)。

ここで気になるのがセカンドシングルの収録曲です。「JAPONICA STYLE」は、日本的精神をもって俺たちは行くぜっていう力強いメッセージ。「光る、兆し」はSixTONESが歩んできた軌跡をたどって明るい未来を示す、こちらも力強いメッセージ。表題曲の「NAVIGATOR」も「未踏を進め」と力強く歌っている。

正直、たぶんこういう「前進するぞ!」って感じの曲のほうが、ストレートにファンの気持を打つだろうな、と思うんです。応援したくなるじゃないですか。僕もそう思う。

けれど、残り3曲が今回全部ラブソングなんですよ。いや、ジャニーズアイドルなんだから、そりゃラブソング歌うでしょ、っていうのもわかる。キンプリとかもシンデレラガールとか歌ってるし、そういう需要はあるでしょ。うん、わかる。

でも2曲新曲でラブソング入れて、追加でこの「Hysteria」を持ってきてる。それって、結構なバランスじゃないか?

そして、ファーストシングルでも、思い起こせば「Telephone」というラブソングを入れている。

しかも共通するのが、全部英語多用しまくってるんですよ。

これ、海外マーケットを意識しているから、とかっていうそういう単純な話だけではないと思うんですよね。SixTONESの曲は、「光る、兆し」みたいな曲は逆に日本語ボリュームが多くて、ラブソングはめちゃくちゃ英語ボリュームが多い。

単純に考えて、ラブソングは母国語のほうが感情移入できるんです。昨年大ヒットした「Pretender」とかもラブソングですが、あれも完全に英語ゼロでしょ。それは日本語の歌詞が響く人たちがたくさんいるということなんですよ。

じゃあ、なんでSixTONESは英語で愛を歌うんだろう。

ごめんなさい、ここまで語っておきながら、このことについては、まだなにか答えを出せたわけではないんです。

でも、SixTONESの音楽的な方向性として、「英語を多用したラブソング」というのは何か一定の意味を持つんじゃないか、と感じているという話です。

きっと、サードシングルでも、この「英語歌詞のラブソング」というのは、また新たな曲を用意してくるんじゃないかな。

そんなことを考えながら、改めて今回収録された「Hysteria」の英語歌詞に向き合って、和訳してみました。

「love u...」の和訳に引き続き、原文に忠実な訳をするより、「音の響き」や「言葉数」みたいな部分をなるべく壊さないような意訳をある程度優先しています。意味だけをしっかり和訳したバージョンは、すでに他の方とかが和訳していたりするので、そっちのほうがいいかも。僕のは少し変わった訳になっていると想います。

良かったら、今回スマホにルックアップで取り込んだ「Hysteria」を流しながら、読んで、聞いてみてください。

I’ve been looking for ya, Wanna get to know ya
Wanna be your man, I need your lovin’, lovin’, lovin’
Baby, I just wanna take you away,
一人きりじゃFeeling so blue
Alright, いつでもCallin’ your name

君を探してた、君をわかりたい
彼氏にして、愛して、愛して、愛して
君を連れ去りたいだけ
一人きりじゃ憂鬱で
了解、いつでも名前呼ぶね

I got you baby, Let’s take it so slow
深まっていくBlack night
いくら君を忘れようとしても
I just can’t leave you alone, Ah
目と目が合えばYou give me butterflies
だから君以外 Uh 欲しくない, All that I want

わかったベイビー、ゆっくりしよう
深まっていく暗闇
いくら君を忘れようとしても
ほっとけないよ、あぁ
目と目が合えばドキドキする
だから君以外 あぁ 欲しくない  何もね

肌に触れたYour lips, So red
I just can’t get enough その甘いFlavor
いつもMissing you, Missing you
Give me a, Give me a green light
離さないで Cuz you drive me crazy
Hysteria
Will you be mine? Be my SixTONES Wow Wow
Will you be mine? Be my SixTONES Wow Wow

肌に触れた唇、赤いね
まだ足りない、その甘い匂いが
いつも恋しい恋しい
認めて僕の気持ち
離さないで 僕を狂わせる
Hysteria
僕のになるかい? なってよ
僕のになるかい? なってよ

Girl, Just let me hold ya, Kiss me like your lover
We’ll never be friends,
We keep on freaking, freaking, freaking
Baby I just wanna see you again,
その瞳がMake me insane
Alright, 染めてくMy world in pink

ハグさせてただ、キスさせてまるでラヴァー
友だちなんて無理

僕らずっとヤバい、ヤバい、ヤバい
ねぇ君にまた会いたい
その瞳が狂わせる
そうさ、染めてくマイワールド・イン・ピンク

So listen baby, I’ll break it down 何度だってRound & Round
夜の闇の中で探すけれど Your love will never be found, Ah
二人の部屋は まるでParadise
見え透いた未来, Uh 望まない All that I need

聞いて説明するから 何度だってくりかえし
夜の闇の中で探すけれど 愛は見つからないんだ
二人の部屋はまるで楽園
見え透いた未来 あぁ 望まない そんなの

溺れてみたいYour tears, Your lies
I wanna get you now 滲んでくMake up
今もDigging you, Digging you
見えないYellow light, Yellow light
そうやめないで Cuz you drive me crazy
Hysteria
Will you be mine? Be my SixTONES Wow Wow
Will you be mine? Be my SixTONES Wow Wow

溺れてみたい 君の悲しい嘘
君が今欲しい 滲んでく理想が
今も好きになっていく
見えない危険のイエローライト
そうやめないで僕を狂わせる
Hysteria
僕のになるかい? なってよ
僕のになるかい? なってよ

So beautiful, 熱く溶けるほどにGive me your love
I just keep falling for you, Can’t get you out of my head
伏し目がちなYour smile もう二度と戻れない
今もLost in your eyes…
Hysteria
Will you be mine? Be my SixTONES Wow Wow
Will you be mine? Be my SixTONES Wow Wow

すごく美しい 熱く溶けるほどに愛が欲しい
君に落ちてく、頭から離れない
伏し目がちな君の笑み もう二度と戻れない
今も夢中だ
Hysteria
僕のになるかい? なってよ
僕のになるかい? なってよ